ガレージ トライ トゥクトゥクで行こうよ!
HOME
トゥクトゥクとは
2st詳細
4st詳細
オプション
Q&A
生きる事を、もっと楽しむために。
トゥクトゥクな人になろうよ

モノや情報があふれ、いろいろなことが複雑で人工的になりつつある近ごろ。
だからこそ、生き方や考え方はシンプルにしたい。
21世紀を生きる私たちに必要なのは、シンプルに徹すること、つまり「シンプルの極み」だと思います。



「シンプルの極み」
例えばそれはトゥクトゥク。
今、私たちの身のまわりには見た目だけがいいモノ、使いこなせないような機能を備えた物、意味のない装飾が付いたモノがあふれています。
しかし本来、物とは「人が使うため」につくられた「道具」。
大切なのは道具としての本質、つまり「人が用いるための機能」ではないでしょうか。
何の為に使うのか、どうやって使うのか、そんな道具としての本質のみを追求した「物」はとても実用的です。
そして、余分な装飾がなくても、シンプルに徹したカタチには「美しさ」さえ感じられます。


今では当たり前のエアコンも、ステレオも、エアバッグもないシンプルな乗り物ですが大人4人が乗れて移動ができます。
クルマの原点は、人や荷物などを移動させるための「道具」であることを考えると、トゥクトゥクはまさに「道具」としての機能を追求した乗り物だと言えます。


シンプルだから不便なのではなく、シンプルだからこそ楽しくなれる乗り物です。
たとえばエアコンがなくても、車内に自然の風が入る。
自分で心地よく乗るための工夫をし、自然を感じることで、人間としての本能や五感を働かせる面白さが得られるのです。
構造もシンプルだから、ちょっとしたメンテナンスなら自分でできるという喜びもあります。
進歩した現代のクルマにはない「ヒューマン・タッチ」な部分も感じられ、一緒に遊べる友だちにもなる。
乗り物とは何かを教えてくれるなど、運転以外の楽しさをたくさん味わうことができる乗り物なのです。
トゥクトゥクという乗り物は「シンプルの極み」であり、その存在には美しささえも感じます。



最大にして最高のコミュニケーション
私たちはトゥクトゥクをコミュニケーションツールのひとつだと思ってます。信号待ちなどでは必ずと言っていいぐらに話しかけられます。誰もが気軽に話しかけてくるそんな乗り物は他にあるでしょうか?
トゥクトゥクに乗ってコミュニケーションの輪を広げて欲しいとも願ってます。



生きる事を楽しめるための「原動力」になれば・・・
そして、「シンプルで美しい」「シンプルで楽しい」トゥクトゥクのような生き方・考え方を一人ひとりが見つけてほしいのです。
生きることを楽しむ「トゥクトゥクな人」になる。
トゥクトゥクはそのヒントとなり、原動力になれたら――。
私たちはそう考えています。





 

What's New
◆ 2008仕様は待望の2サイクルエンジン搭載です。
◆ トゥクトゥクのロングバージョンの7人乗りが登場です。
◆ もちろん各種オーダー製作も今まで通り出来ます。
◆ ステンレスのタコ足なども製作出来ます。
Copyright (C)1997- 2010 Garage TRY. All Rights Reserved.